一音に愛を

6月10日(火)058.gif


久しぶりの晴れ間。
家事を超特急で片づけ、バイオリンの練習。
習志野フィルハーモニー第85回定期演奏会まであと1か月。
前回の合同練習で、下振りの先生のお言葉が胸に刺さりました。

「ひとつひとつの“音”を愛してください。」

もちろん今までだって適当に練習していた訳でも、
(弾けないところは、弾いてるフリしちゃおう。)
なんて言う気持ちで練習していた訳でもありません。

演奏会の曲のCDを何度も聴いたり、
DVDになっている物は、何度も見返したりして勉強していました。
私なりに、その曲を大切に思い、
指揮者の先生のテンポ通りに弾けるよう、
頑張っていたつもりでした。

でも、これは本当に“つもり“だったんだなって、
先生の一言で反省したんです。

一音一音に命があり、作曲者はその一音を
どんな大きさで、どんな響きで、どんな輝きで
表現したいかを考えて作曲したはずです。

どんなに曲を大切に思って練習しても、
その一音を愛せなければ、その曲自体を愛する事にはならないんだ。
なんて事を、素人なりに考えてしまいました。

作曲者は、この世に曲を産み作り出す役目。
演奏者は、それを忠実に再現する役目。
そう感じました。

だから今日の練習は、
まず、ひとつひとつの音の音程をしっかりと確認すること。
そう思って練習すると、
ポジションを変更した方がいい箇所や、
速くてきちんと音がとれていない箇所を多々発見・・・。
演奏会前1か月でこんな穴を発見したのは、
私にとっていい事なのか、ピンチな事なのか・・・。

この先、ボリュームだの、響きだの、輝きだのまで
手が回るのだろうか!?
などという事を考えているヒマはなく、
家事・仕事・猫遊びの隙間を縫って、一生懸命練習します!!

f0337058_19221577.jpg




ひとつひとつの花が集まって、
大好きな一輪の紫陽花になるように、
ひとつひとつの音を愛したいと思います。


f0337058_19211248.jpg


さいごまでお付き合いくださり、ありがとうございました012.gif
           もしよろしければ、ちゅんっ…とお願いいたします053.gif           

                          にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ
                           にほんブログ村

by a24ma35 | 2014-06-10 20:21 | 音楽のこと

ニャン生、何が起こるかわからない。たった一匹であの世に旅立つ寸前、おれは『寅吉』になったんだ。一匹ぼっちだったおれに、突然パパとママ、それから元気で優しいお兄ちゃんが3人もできちゃった。寅んちに遊びにおいでよ!!


by まこママ
プロフィールを見る
画像一覧