習志野フィル 第86回定期演奏会のお知らせ

8月11日(月)058.gif


次回、習志野フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会は

2015年1月18日(日)に行われます。



♪ブラームス/ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15
ピアノ独奏:山本貴志さん
♪R.シュトラウス/交響的幻想曲「イタリアより」作品16



f0337058_14253580.jpg
まだ、ボウイングもきちんと書き込んでいない

真新しい真っ白な楽譜たち。

これが5か月後には、指揮者先生の指示のやら、

指使いやら、ポジションやら、

なんやらかんやらの書き込みで、真っ黒くなるのです。

でも、鉛筆で多々書き込まれて自分用に作られた楽譜は、

とても重量と愛着を感じるのです。





さて。

ブラームスの印象はというと

子どものころに音楽室の肖像画で見た、

おでこが広くて(言葉が難しい…)、恰幅が良く(これまた難しい…)、

白く長いひげの、無愛想…物静かなオヂさま。

ブラームス


ところがブラームスの旋律は

月の青白い光が、心の奥底にひっそりと染みわたっていくような

優しさと憂いを秘めているように感じるのです。



若かりし日のブラームスは、青い瞳の美青年でした。

生涯を独身で過ごした彼の人生には

幸せな事もそうでない事も、きっとたくさんあったのでしょう。



それにしても、

どうして、音楽室の肖像画にこれを使わなかったのかしら…。





次いで、R.シュトラウスと言えば、

「はっきり言って、なんだかよくわかりませ~ん」



有名な曲としては

♪ツァラトゥストラはかく語りき♪

がありますが、それさえもきちんと聴いた事はなく

食わず嫌いならぬ、聴かぬ嫌いなのかもしれません。



ただ、この『イタリアより』は

後期の作品群に比べ、かなり聴きやすい曲だと思います。

とくに初めて聴く方は、突然出現する

!?
のメロディに耳を疑うと思います(笑)

「お、鬼のパンツ・・・?」

フニクリ・フニクラ~♪

f0337058_14253641.jpg
これ、オクラ~♪




また5か月間、一生懸命練習します。

ぜひ皆さん、聴きにいらしてくださいね!!


しか~し!

1月18日は、大兄人生初のセンター試験初日!!

はたしてママは参加できるのでしょうか!?




おきてがみ
『おきてがみ』始めてみました。



さいごまでお付き合いくださり、ありがとうございました012.gif
ブログランキング《オーケストラ》《元野良猫》に参加しています。
よろしければ、クリックよろしくお願いいたします053.gif
にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ  にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
  


by a24ma35 | 2014-08-11 15:49 | 音楽のこと

ニャン生、何が起こるかわからない。たった一匹であの世に旅立つ寸前、おれは『寅吉』になったんだ。一匹ぼっちだったおれに、突然パパとママ、それから元気で優しいお兄ちゃんが3人もできちゃった。寅んちに遊びにおいでよ!!


by まこママ
プロフィールを見る
画像一覧