ちょっと独り言

昨日のある全国紙の新聞の投書欄に
『学校の夏休み 2週間に短縮して』
という題名の投書がありました。

「子供の夏休みが長く、親子でイライラ。
 日本中のお母さんがうんざりしているのでは」

という内容です。

「宿題も、親の手助けなしでは無理なものが多い。
 猛暑で外には出せないし、親子ともどもストレスをためるだけの夏休みなら
 これほど無意味なものはないのではないか。」

とも。

「うんざり」なんていう言葉を聞いたら
お子さん、悲しんじゃうんじゃないかなぁ?

仕事柄、たくさんのお母さん&お子さんと出逢います。
夏休み中の話題はもっぱら
「早く夏休み終わらないですかねぇ。」
お母さん、まだ夏休み始まって1週間ですよ~(^^;ゝ
なんて事も・・・。

長い夏休みを
「親子ともどものストレス」
にしないように、お母さんも楽しんじゃえばいいのに。
ウチはすでに子供も大きくなって、
3食のご飯の用意 ( たっぷり ) と洗濯 ( これまたたっぷり^^; ) ぐらいで
夏休みの大変さもかなり軽減されたから、こう感じるのかな?

だって、普段ならできない事を子供と一緒にできるなんて楽しいじゃない?
例えば、元々親が関わらなければできないような自由研究なら
一緒に大作を作って先生をビックリさせちゃうとか、
読書感想文だって、子供と同じ本を読んで「あ~じゃない、こ~じゃない」
なんて話をしても面白い。
ちょっと大きい子なら
「カレーくらいは箱の裏読みながら作れるでしょ? 買い物から全部やって~」
とお願いもできちゃう。

それに、パパが遅くまで帰って来ない夜のお散歩なんて、ものすごくスリリング!
とは言っても、そんな遅くに出かけたりはしなかったけど。
チビたちを連れて近くの公園にそっと入ってみると、な・なんと!
セミの幼虫が穴から這い出して、のそのそ羽化する場所を探し求めて歩いてるじゃないの!!
「おおっ! 抜け殻が歩いてる! 」 ( まだ抜けてないのよ ) と
感激。
「こんな所じゃ踏まれちゃうよ。」と
木の上の方に移動させてやったり、
「そっちは道路!」と
公園に連れ戻したり。( 大きなお世話!? )
「この抜け殻、重い!!」 ( だから、まだ抜けてないんだってば )


こんな事ができるのも夏休みのおかげだと思うんだけど、
でも、やっぱりお母さんって大変なんだよね。
お母さんが幸せ気分で楽しく過ごせる夏休み。
それにはもっと、お母さんたちが余裕を持って過ごせるよう
手を差し伸べてくれる環境が必要なのかな?
子育てはお母さんがして当たり前。できて当然。できなきゃダメママ。
そんなのおかしいよね!
お母さんだって、元々お母さんじゃないんだもん。
子供に「お母さん」にしてもらうんだもん。

子供の頃を思い返してみると、やっぱり家にいるのが好きだった。
学校が始まると思うと、ちょっとだけ憂鬱だった。
ま、学校へ行ってしまえば、それはそれで楽しいんだけどね。
きっと今の子たちだって、お母さんのいる家でのんびり過ごしたいって思ってるはず。
それって、やっぱり子供はお母さんが好きってこと。

「ストレスをためるだけ」だから「無意味」なものになっちゃう。
子供とべったりいられる、せっかくの機会。
「うんざり」
なんて思わないで、どうにか楽しい夏休みが過ごせるようにならないかなぁ?

さぁ、日本全国の小さなお子さんをお持ちのお母さん方!
残り10日です。
にこにこ笑顔で、もうひと踏ん張りです!!

by a24ma35 | 2014-08-21 08:00 | まこママのつぶやき

ニャン生、何が起こるかわからない。たった一匹であの世に旅立つ寸前、おれは『寅吉』になったんだ。一匹ぼっちだったおれに、突然パパとママ、それから元気で優しいお兄ちゃんが3人もできちゃった。寅んちに遊びにおいでよ!!


by まこママ
プロフィールを見る
画像一覧