タグ:シベリウスヴァイオリン協奏曲 ( 1 ) タグの人気記事

習志野フィル 第90回定期演奏会 (本番まで)

12月15日(木)




f0337058_9564751.jpg

~12月11日(日) 習志野文化ホールにて~


新日本フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスター

西江辰郎さんをお迎えした定期演奏会がありました。

お願いした曲目は『シベリウス ヴァイオリンコンチェルト』

西江さんご本人は「自分では選曲しない曲」

とおっしゃっていましたが、

清冽な湧き水のように澄み、それでいて

凍てつく大地を包み込むような暖かな音色の

西江さんのヴァイオリンには、ぴったりな協奏曲と私は感じています。






f0337058_19262219.jpg



前日のゲネプロを含め、3日間の合わせ練習に来てくださった西江さん。

毎回その音色は変化していき、西江さんの魂が吹きこまれていくようでした。

音楽は生きているんだなぁ。二度と同じ音は聴けないんだなぁ。

形には残らないけれど、心に残る音楽の素晴らしさを

改めて実感させていただきました。






f0337058_9324241.jpg


本番当日のステージリハーサル。

この日までに、西江さんはたくさんの事を私たちに教えてくださいました。

ソリストとの絡みのない部分も

「今のも素敵ですが、こうやったらもっと素敵になると思います。」

とヴァイオリンで弾いてくださったり、

音符・休符の長さ、ボウイング、ピチカート、ひとつひとつ丁寧に教えてくださいます。

オケパートを一緒に弾いてくださったりもしました。




f0337058_10413156.jpg


協奏曲というと、それはソリストのためにあるもので

オケパートは、いかにソリストが思い通りに弾けるかを考えるものだと思います。

(もちろんアマチュアなので、それができるかどうかは別として・・・)

でも、西江さんは「ここにいるみんなで一緒にいいものを作りましょう!」

と言ってくださっているようでした。

今回はソリストしてお越しいただきましたが、

でも、西江さんの言葉ひとつひとつに

やっぱり西江さんはコンマスでいらっしゃるんだなと感じました。





さて・・・。

どんどん思いは募ります。

本番までの記事がこんなに長くなってしまうとは・・・(^^;



最後までお付き合いくださり、ありがとうございました
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、クリックよろしくお願いいたします
 にほんブログ村 猫ブログ 元野良猫・元保護猫へ
 にほんブログ村


by a24ma35 | 2016-12-15 11:05 | 音楽のこと

ニャン生、何が起こるかわからない。たった一匹であの世に旅立つ寸前、おれは『寅吉』になったんだ。一匹ぼっちだったおれに、突然パパとママ、それから元気で優しいお兄ちゃんが3人もできちゃった。寅んちに遊びにおいでよ!!


by まこママ
プロフィールを見る
画像一覧